在留外国人の災害情報 入手方法、河井法相が周知を指示

JNN/TBS

10月11日(金)1時13分

 台風19号の接近にともない、日本にいる外国人に災害情報を入手してもらおうと、出入国在留管理庁を所管する河井法務大臣が関係機関に入手方法の周知を指示しました。

 「一刻も早く皆様にぜひ知っていただきたい、そういう狙いで、積極的な発信をしている」(河井克行法相)

 河井法務大臣は、日本にいる外国人の人たちが、これまで台風に関する情報を十分に入手できていなかったとの指摘があり、台風19号では猛烈な大雨暴風が予想されていることから、様々な方法で注意を呼びかけるよう9日付けで指示したということです。特に災害時情報提供アプリ「Safety tips」では、11か国語で交通機関の情報や災害時にとるべき行動などが提供されているので、スマートフォンで無料アプリをダウンロードするなどして情報を得てほしいと呼びかけました。

The Japanese government asks foreigners in Japan to use smartphone apps and any other ways to keep updated on the approaching typhoon.

 「we want foreigners to keep up to date so we give information about the typhoon proactively.」

Justice Minister Katsuyuki Kawai said Thursday in a news conference that he had ordered the Immigration Bureau and other authorities to make sure foreigners in Japan get right information about the Typhoon Hagibis. He pointed out that previously,foreign nationals did not get enough information when storms hit Japan.

Since the forecasts say severe rain and storm are predicted over the weekend, Kawai said that the government will spread information on their websites and SNS.

He recommended the Japan Tourism Agency’s multi-language disaster app called “Safety tips” provides not only safety tips,but also information about train and flight operations.

A super typhoon in the Pacific Ocean could hit mainland Japan on Saturday, potentially causing grave damage in Tokyo. (10日19:26) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング