JR、首都圏全在来線で計画運休=12~13日、新幹線も-空の便欠航多数・台風

時事通信社

10月11日(金)12時49分

台風19号の接近に伴い、東海道新幹線の計画運休を知らせる貼り紙=11日午前、東京駅
クリックして拡大

台風19号の接近に伴い、東海道新幹線の計画運休を知らせる貼り紙=11日午前、東京駅
 台風19号の接近を受け、JR東日本は11日、首都圏在来線すべてで12~13日に計画運休を行うと発表した。JR東海も、東海道新幹線の東京-名古屋間を12日始発から終日運休すると発表。3連休中の移動が制限され、旅行客らを含め広範囲に影響が及ぶ。

 JR東によると、山手線や中央線、東海道線、総武線などは、12日午後1時ごろまでに順次運転を取りやめる。13日は少なくとも昼ごろまで運転を見合わせる予定。台風で甚大な被害が出た場合、長時間の運転見合わせの可能性もあるとして、注意を呼び掛けている。

 JR東海によると、東海道新幹線名古屋-新大阪間は12日午前中に上下線計6本のみを運行し、以降は運休する。13日は台風の影響が弱まり次第、安全確認を実施。問題がなければ運転を再開するが、本数が減るなどの可能性があるとしている。

 東北、秋田、山形、上越、北陸の各新幹線は12日、本数を減らして運行する。同日午前から昼すぎまで運転し、以降は取りやめる予定。

 首都圏では、東京メトロが12日に丸ノ内や日比谷、東西、千代田などの各線一部区間で運転を見合わせる。小田急電鉄でも12日午後3時以降運転を取りやめ、13日午前まで運休を実施するという。

 計画運休は東北の在来線でも。JR東は東北線の一部区間で12日午後から運転を見合わせ。大船渡線や北上線、釜石線、八戸線などでも同日正午以降に運転見合わせが決まっている。

 全日本空輸は12日、羽田、成田両空港を発着する国内線全てを欠航とする。国際線も合わせると、欠航は600便を超え、10万人以上に影響する見込み。11日は国内線と国際線で計20便が欠航する。

 日本航空も12日の国内線と国際線の欠航が計580便を超え、影響は8万8000人以上になる見通し。13日も計13便の欠航を決めた。

 【時事通信社】

社会トピックス

スポンサーリンク

天気予報

天気予報

ランキング