アサド政権軍展開=対トルコでクルドと連携-米軍撤収開始、混迷拍車も・シリア北部

時事通信社

10月15日(火)7時28分

14日、シリア北部マンビジュ近郊で、砲撃するトルコ支援の反アサド政権武装勢力(AFP時事)
クリックして拡大

14日、シリア北部マンビジュ近郊で、砲撃するトルコ支援の反アサド政権武装勢力(AFP時事)
 【イスタンブール、ワシントン時事】シリアのアサド政権軍は14日、対クルド人勢力のトルコ軍越境作戦が続くシリア北部で本格的な部隊の展開を始めた。米軍の撤収開始に呼応した動きで、同政権軍とトルコ軍が衝突すれば、情勢の混迷に拍車が掛かるのは必至だ。

 国営シリア・アラブ通信によると、政権軍は北部のタルタムルやアインイッサ、マンビジュなど、クルド人勢力の支配下にあった各地に入った。タルタムル、アインイッサ、マンビジュはいずれもトルコ国境から30キロほど離れているが、部隊の一部はさらに北上し、国境から数キロの地点まで迫ったという。

 シリア北部にはクルド人勢力を支援する形で米軍が駐留していたが、トランプ米大統領が「ばかげた終わりなき戦いから抜け出す時だ」と撤収を決断。「米国の裏切り」と見なす同勢力が、緊張関係にあった政権軍を招き入れ、連携する方針に転じた。

 トランプ氏は14日、声明で、シリア北部から1000人規模とされる米軍を全面撤収させることを確認。AFP通信によれば、撤収に向けた動きが始まった。一方で過激派組織「イスラム国」(IS)のようなテロ組織台頭を阻止するため「撤収部隊を中東で再配置する」と表明した。IS残党掃討を目的とする小規模な部隊のシリア南部駐留継続も明らかにした。

 トルコ軍は米軍への配慮からシリア北部での作戦を抑制してきたが、撤収後にどう出るかは未知数だ。シリア内戦で反体制派を支援するトルコは、アサド政権と対立関係にある一方、同政権の後ろ盾のロシアとは良好な関係にある。トルコはシリア情勢をめぐりロシアとの協議を進めている。

 一方、ロイター通信によれば、アサド政権とクルド人主導の「シリア民主軍」(SDF)はシリア北西部ラタキアのロシア軍基地で接触した。ロシアの動きが情勢を左右するカギになりそうだ。

 【時事通信社】

国際トピックス

スポンサーリンク

ランキング