埼玉・豚コレラ殺処分終わらず、台風19号の影響で

JNN/TBS

10月17日(木)7時15分

 埼玉県本庄市の養豚場で飼育されている豚が豚コレラに感染していた問題で、豚の殺処分が台風19号の影響で停滞していることがわかりました。

 埼玉県本庄市の養豚場では今月10日、飼育している豚10頭が死んでいるのが見つかり、検査したところ、11日に豚コレラの感染が確認されていました。埼玉県内の養豚場で豚コレラが確認されたのは3例目でした。

 県は台風19号の影響を考慮して、今月14日から豚の殺処分を進めてきましたが、16日現在、殺処分はまだ完了していないということです。本庄市の養豚場では完了しているということですが、この養豚場から人や豚の移動があった神川町の養豚場が台風19号の影響で浸水し、足場の状態が悪くなったことで、作業が停滞しているということです。

 県は17日中には殺処分は完了する見通しだとしています。(16日21:34) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング