堀江、自然体を強調=日本が南ア戦へ練習-ラグビーW杯

時事通信社

10月17日(木)16時59分

準々決勝の南アフリカ戦に向けた練習で、ストレッチする堀江(手前)=17日、東京都内
クリックして拡大

準々決勝の南アフリカ戦に向けた練習で、ストレッチする堀江(手前)=17日、東京都内
 ラグビー日本代表は、ワールドカップ(W杯)日本大会準々決勝の南アフリカ戦(東京スタジアム)を3日後に控えた17日、東京都内で練習した。

 フッカー堀江(パナソニック)が「南アは強いが、僕たちにはプランがある。そんなに高ぶっていないし、いつも通りにやりたい」と抱負を述べれば、ナンバー8の姫野(トヨタ自動車)は「ラグビー選手として楽しみ。自分自身に期待している」と意気込みを示した。

 報道陣にはグラウンドでの冒頭の準備運動が公開され、堀江や姫野、ロックのムーア(サニックス)らが入念にストレッチ。ショートダッシュではSH流(サントリー)らが大声を出して盛り上げた。公開後は実戦形式の練習を行ったという。

 【時事通信社】

スポーツトピックス

スポンサーリンク

ランキング