山口組ナンバー2出所=抗争多発、警戒態勢を強化-警察当局

時事通信社

10月18日(金)9時57分

刑務所を出所した指定暴力団山口組ナンバー2の高山清司若頭(中央)=18日午前、東京都港区のJR品川駅
クリックして拡大

刑務所を出所した指定暴力団山口組ナンバー2の高山清司若頭(中央)=18日午前、東京都港区のJR品川駅
 国内最大勢力の指定暴力団山口組ナンバー2、高山清司若頭(72)が18日、恐喝罪での服役を終え、府中刑務所(東京都府中市)を出所した。2014年6月に収監された後、山口組が三つに分裂。抗争とみられる発砲事件が多発するなど緊張が高まる中の出所に、警察当局は警戒態勢を強化している。

 高山若頭は同日午前5時50分ごろ車に乗り込み出所し、7時前にJR品川駅に到着した。上下とも黒っぽい服装で、帽子を目深にかぶり首にはコルセットをはめ、つえを突いていた。新幹線で移動し、出身団体の弘道会がある名古屋市のJR名古屋駅で下車した。

 高山若頭は、篠田建市(通称・司忍)組長(77)の側近。服役前の強権的支配体制が分裂の要因と言われ、出所後は分裂をどう収拾するのか注目される。ある捜査関係者は「司(組長)の意見を聞いて分裂前に戻ろうとするのでは。(離脱団体の)処遇が問題になるし時間がかかるだろう」とみている。

 【時事通信社】

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング