山口組ナンバー2が服役終え出所

JNN/TBS

10月18日(金)9時57分

 恐喝の罪で服役していた指定暴力団・山口組ナンバー2の若頭が18日朝、東京の刑務所からおよそ5年ぶりに出所しました。

 山口組ナンバー2で恐喝の罪で服役していた高山清司若頭(72)は18日朝、東京の府中刑務所から5年ぶりに出所しました。

 高山若頭は刑務所からJR品川駅に車で移動し、警察が厳戒態勢を敷くなか、杖をつきながらゆっくりと歩いて新幹線に乗り込みました。午前9時前に名古屋駅で新幹線を降りていて、愛知県内にある関係先を訪れる見通しです。

 山口組を巡っては、高山若頭への反発などが原因で分裂抗争に発展していて、警察当局は出所によって対立が激化する可能性もあるとみて、警戒を強めています。(18日09:18) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング