「即位礼正殿の儀」 直前の様子は

JNN/TBS

10月22日(火)12時48分

 10月22日は即位礼の日です。皇居では午後1時から、天皇陛下が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が執り行われます。皇居の今の様子と一日の動きを宮内庁前からお伝えします。

 皇居は朝から雨が降り続いていて、時折強い風が吹くこともあります。「即位礼正殿の儀」が行れる宮殿は、この宮内庁庁舎の奥側にあり、現在、参列者が続々と集まり始めています。

 両陛下の朝からの動きですが、午前7時すぎに皇后さまが装束などの準備のため、お一人で赤坂御所を出発し、皇居へと向かわれました。その1時間後、陛下が皇位の印である剣と勾玉を持って皇居に到着されました。

 そして午前9時、両陛下は皇居・宮中三殿で、22日、即位礼を行うことを神前に報告する儀式に臨まれました。陛下は、帛御袍(はくのごほう)と呼ばれる格式の高い白の装束姿で、皇室の祖先神とされる天照大神が祀られている賢所に、そして、歴代の天皇と皇族を祀った「皇霊殿」、国中の神々を祀る「神殿」の三殿を回られました。皇后・雅子さまも、白の十二単姿で三殿を回られました。

 現在、両陛下は皇居・宮殿に移動し、午後1時から行われる「即位礼正殿の儀」に向けて新たな装束に着替えるなど、準備を進められています。(22日11:31) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング