NY株、最高値更新=米中協議進展期待で

時事通信社

11月8日(金)7時46分

 【ニューヨーク時事】7日のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議進展への期待に支えられ、反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比182.24ドル高の2万7674.80ドルで終了し、終値での史上最高値を2日ぶりに更新した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は23.89ポイント高の8434.52で引けた。

 中国商務省の高峰報道官はこの日の記者会見で、米中両政府が「協議の進み具合に合わせ、追加関税を段階的に撤廃することに同意した」と表明。市場では、序盤から発言を好感した買いが膨らんだ。

 株価は米中協議の進展期待に加え、米連邦準備制度理事会(FRB)による3会合連続の利下げや主要企業の好決算を支えに、最高値更新が相次いでいる。

 市場では「米中協議が一段と進展し、これまで買われていなかった銘柄に買いが広がれば、株価のさらなる上昇が期待できる」(日系証券)との指摘が聞かれた。

 【時事通信社】

経済トピックス

スポンサーリンク

ランキング