安田、吉田ら合格=女子ゴルフ最終プロテスト

時事通信社

11月8日(金)18時52分

 女子ゴルフの最終プロテストは8日、岡山・JFE瀬戸内海GC(パー72)で最終の第4ラウンドが行われ、4月のアジア・パシフィック女子アマチュア選手権優勝の安田祐香、昨年の日本女子アマ選手権と日本ジュニア選手権を制した吉田優利ら通算1オーバーまでの21人が合格した。

 トップ合格は通算9アンダーのイ・ソルラ(韓国)。安田は5アンダーで4位、吉田は2アンダーの12位で通過した。昨年のツアーでトップ10に2度入るなどした三浦桃香は、最終ラウンド前に体調不良で棄権した。

 最終プロテストは例年7月に行われていたが、今年は規定が変更。高校3年生でも受験可能になった。合格者は来季のツアー出場優先権が懸かる予選会に出場できる。

 【時事通信社】

スポーツトピックス

スポンサーリンク

ランキング