「確認項目の規定なし」が原因=泊原発の非常電源不備放置―北海道電

時事通信社

11月8日(金)18時51分

 北海道電力泊原発(北海道泊村)3号機の非常用ディーゼル発電機の起動に必要な配線の端子が取り付け不良のまま9年間放置されていた問題で、北海道電は8日、製品メーカーに対し確認すべき項目を記載した社内規定がなかったことが原因だったと明らかにした。再発防止のため12月までに、確認方法や監査方法、製品納入後の目視確認などを社内規定に定める。

 【時事通信社】

経済トピックス

スポンサーリンク

ランキング