日本女子が準決勝へ=ルーマニアに快勝―卓球W杯

時事通信社

11月8日(金)22時41分

ルーマニアに勝ち、声援に応える(右から)平野美宇、石川佳純、伊藤美誠、佐藤瞳=8日、東京体育館
クリックして拡大

ルーマニアに勝ち、声援に応える(右から)平野美宇、石川佳純、伊藤美誠、佐藤瞳=8日、東京体育館
 卓球のワールドカップ(W杯)団体戦は8日、東京体育館で準々決勝が行われ、日本女子はルーマニアに3―0で快勝した。第1試合のダブルスで石川佳純(全農)平野美宇(日本生命)組が勝ち、シングルスで伊藤美誠(スターツ)、石川が連勝した。

 大会9連覇を狙う中国は米国を3―0で退けた。台湾は香港を3―2、韓国はウクライナを3―1で下した。9日の準決勝は日本―韓国、中国―台湾の対戦となった。

 男子は2試合が行われ、台湾がイングランドを3―0、韓国はブラジルを3―1で破った。準決勝は日本―中国、台湾―韓国の顔合わせ。

 【時事通信社】

スポーツトピックス

スポンサーリンク

ランキング