池袋暴走事故、元院長を来週にも書類送検へ

JNN/TBS

11月9日(土)10時18分

 東京・池袋で乗用車が暴走し12人が死傷した事故で、警視庁が、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長を書類送検する方針を固めたことが分かりました。

 この事故は今年4月、東京・豊島区の池袋駅近くの路上で、飯塚幸三元院長(88)が運転する乗用車が暴走し、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)が亡くなり、10人が負傷したものです。

 警視庁は、飯塚元院長を在宅のまま捜査していましたが、捜査関係者への取材で、来週にも過失運転致死傷の疑いで書類送検する方針を固めたことが分かりました。飯塚元院長は、警視庁の事情聴取に「車に異常があった」と話す一方、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もある」とも話しているということです。(08日23:41) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング