オリパラ組織委に派遣の神奈川県警警部が公然わいせつ

JNN/TBS

11月9日(土)1時49分

 東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会に派遣されていた男性警部が、屋外で下半身を露出したとして、神奈川県警が懲戒処分にしたことを明らかにしました。

 減給の懲戒処分を受けたのは、神奈川県警オリンピック・パラリンピック対策課の男性警部(44)です。男性警部は、今年8月、二宮町にある雑居ビルの外階段で、面識のない女性(30代)とわいせつな行為をし、下半身を露出させたとして、公然わいせつの疑いで8日、書類送検されました。

 男性警部は当時、酒を飲んでいて、「自分の性欲のまま行為に及んでしまった」と容疑を認めているということです。

 男性警部は8日付で依願退職していて、神奈川県警は、「職員の倫理意識を高め、再発防止に努めてまいります」とコメントしています。(08日18:46) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング