タリバン幹部を釈放=米国人人質らと交換―アフガン

時事通信社

11月12日(火)20時03分

 【ニューデリー時事】アフガニスタンのガニ大統領は、12日のテレビ演説で「米国などとの包括的な協議の結果、反政府勢力タリバンとの直接(和平)交渉の道を開くため、タリバンの捕虜3人を解放することを決めた」と表明した。釈放対象は、米政府が「最も危険な武装勢力」と称する強硬派「ハッカニ・ネットワーク」の指導者シラジュディン・ハッカニ師の弟らタリバン幹部。

 タリバンは3人の釈放と引き換えに、2016年に首都カブールで誘拐したアフガンの私立大学「アメリカン大学」の米国人教員ら2人を解放する。ガニ氏は、捕虜交換を行う理由について「人質の体調が悪化しつつある」ためと説明した。

 【時事通信社】

国際トピックス

スポンサーリンク

ランキング