ヤフーとLINE 経営統合へ交渉

JNN/TBS

11月14日(木)5時17分

 検索サービスの「ヤフー」を展開するZホールディングスと無料通信アプリを手がける「LINE」が、経営統合に向けて交渉を進めていることがわかりました。実現すれば、利用者が1億人を超える国内最大のITサービスが誕生します。

 関係者によりますと、ヤフーを展開するZホールディングスとLINEは、Zホールディングスの株式をグループとして4割以上持つソフトバンクとLINEの親会社のネイバーを交えて経営統合に向けた協議をしているということです。今月中の基本合意を目指していて、実現すれば、経営統合後の会社はソフトバンクのグループ会社になる見込みです。

 ソフトバンクグループでは、「ペイペイ」などの決済サービスを強化するほか、ヤフーが衣料品ネット通販大手のZOZOの子会社化を進めています。

 利用者が8000万人を超えるLINEと組むことで、さらに顧客基盤を拡大し、アマゾンといった巨大プラットフォーマーに対抗する考えです。(14日03:10) JNN/TBS

経済トピックス

スポンサーリンク

ランキング