米国防長官、米韓航空機訓練の延期を発表

JNN/TBS

11月18日(月)5時47分

 アメリカのエスパー国防長官は、近く実施する予定だった韓国との合同軍事訓練を延期すると発表しました。

 エスパー国防長官は17日、バンコクで行った韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相との共同会見で、近く実施する予定だった米韓合同の航空機主体の訓練を延期すると発表しました。訓練には北朝鮮が強く反発していて、非核化に向けた協議を続けるため配慮したものとみられます。

 エスパー氏は「譲歩ではない」とした上で、北朝鮮に対し「前提条件なしで」交渉のテーブルに戻るよう促しました。

 一方で北朝鮮外務省の報道官は17日、国連で14日に北朝鮮による人権侵害を非難する決議案が採択されたことに反発する談話を発表。この中で、米朝協議が開かれるとしても核問題を議論するにはアメリカが敵視政策を撤回するのが条件になるとして、アメリカをけん制しています。(17日20:29) JNN/TBS

国際トピックス

スポンサーリンク

ランキング