中曽根元首相の通夜しめやかに

時事通信社

12月2日(月)19時32分

自民党役員会に臨む安倍晋三首相(中央)、二階俊博幹事長(左から2人目)ら=2日午後、国会内
クリックして拡大

自民党役員会に臨む安倍晋三首相(中央)、二階俊博幹事長(左から2人目)ら=2日午後、国会内
 11月29日に死去した中曽根康弘元首相の通夜が2日夜、東京・大塚の護国寺でしめやかに営まれた。安倍晋三首相、自民党の二階俊博幹事長ら約300人が参列した。

 通夜に先立ち、中曽根氏のひつぎを乗せた車は、国会や首相官邸、自民党本部をめぐり、最後の別れを告げた。

 安倍氏は2日午後の党役員会で「中曽根氏は憲法改正を一貫して訴えてきた。高い志を受け継ぎながら、政権与党としての責任を果たしたい」と語った。

 【時事通信社】

政治トピックス

スポンサーリンク

ランキング