菅官房長官、国連特別報告者に拉致問題解決で理解と協力求める

JNN/TBS

12月2日(月)22時11分

 菅官房長官は、北朝鮮の人権問題を調査する国連のキンタナ特別報告者と会談し、拉致問題解決に向けた理解と協力を求めました。

 「1日も早い解決を様々な情報・分析、どんなチャンスも逃すことなく、解決のために行動する」(菅官房長官)

 国連の特別報告者キンタナ氏との面会で菅官房長官はこのように述べた上で、「拉致問題解決のためには、国連はじめ国際社会の理解と協力を得なければならない」と支援を求めました。

 これに対しキンタナ氏は、「拉致問題は国連でも最も重大な懸念されるべき問題として取り上げられている」と指摘。拉致被害者家族らとの面会も踏まえ、来年3月に行われる国連人権理事会で拉致問題に関する懸念を表明する考えを示しました。(02日18:22) JNN/TBS

政治トピックス

スポンサーリンク

ランキング