JDIが特別委設置=「不適切会計」調査

時事通信社

12月2日(月)21時10分

 経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は2日、過去の決算で不適切な会計処理があったかどうかを調べる特別調査委員会を設置したと発表した。5億円以上を着服したとして懲戒解雇した経理部門の元幹部社員から、着服とは別に「不適切な会計処理を行っていた」とのメールが11月下旬に届いたため。

 特別調査委は、外部の弁護士と公認会計士、弁護士資格を持つ社内の法務担当役員の3人で構成。2014年度から18年度までの決算を中心に検証を進める見通しだ。

 メールには、不適切な会計処理は「経営陣からの指示」との記載もあった。この元幹部はその後、死亡が確認された。自殺とみられる。

 【時事通信社】

経済トピックス

スポンサーリンク

ランキング