東久留米強盗殺人、同居女性の次男逮捕

JNN/TBS

12月3日(火)5時33分

 先月8日、東京・東久留米市の住宅で55歳の男性の遺体が見つかった事件で、警視庁は同居する女性の次男を強盗殺人の疑いで逮捕しました。

 逮捕されたのは東京・東久留米市の無職、三ツ本寛己容疑者(28)で先月8日、東久留米市の住宅で母親と同居するニ岡一浩さん(55)の胸などを刃物のようなもので複数回刺して殺害したうえ、現金を奪おうとした疑いがもたれています。

 警視庁によりますと当時、同居する女性と娘は海外旅行中で、二岡さんの体の刺し傷はおよそ70か所に及んでいました。室内には物色された跡があったものの、奪われたものは確認されなかったということです。

 防犯カメラの捜査で三ツ本容疑者が浮上したということですが、取り調べに対し「やっていません」と容疑を否認しています。(03日00:34) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング