グレタさん、欧州に上陸=再び大西洋横断

時事通信社

12月3日(火)23時58分

3日、双胴船でポルトガルの首都リスボンに到着したスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(EPA時事)
クリックして拡大

3日、双胴船でポルトガルの首都リスボンに到着したスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(EPA時事)
 【パリ時事】米国から双胴船で欧州に向かっていたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)は3日、ポルトガルの首都リスボンに到着した。その後マドリードへ向かい、2日に開幕した国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。

 グレタさんは上陸後、リスボンのメディナ市長や支援者らの歓迎を受けて演説し、「力を貸してくれたすべての人に感謝する。COP25に参加し、未来の世代の声が届くよう闘い続ける」と表明した。

 双胴船での大西洋横断は、金銭的余裕がなければ不可能との批判もあった。スペインの記者から「ヨット以外にどんな安い移動交通手段を勧めるか」と問われると、グレタさんは「今回の旅は地球に優しい別の選択肢があることを示すのが目的。他人の行動に口出しはしない」と応じた。

 上陸前には、海上から見える陸を撮影した写真をツイッターに投稿した。AFP通信によると、夜行列車でマドリードへ向かう予定。

 COP25は南米チリで行われる予定だったが、デモ激化により急きょ開催地をマドリードに変更。温室効果ガスを大量に排出する飛行機の使用を避けて英国からヨットで米国に渡り、陸路でチリを目指していたグレタさんは、再び大西洋横断に挑戦した。

 【時事通信社】

国際トピックス

スポンサーリンク

ランキング