松坂、14年ぶり西武復帰=獲得を発表、背番号16―プロ野球

時事通信社

12月3日(火)19時59分

松坂大輔投手
クリックして拡大

松坂大輔投手
 プロ野球西武は3日、今季限りで中日を退団した松坂大輔投手(39)の獲得を発表した。1年契約で背番号は16。2006年まで在籍した古巣に14年ぶりの復帰となる。11日に入団会見を行う。

 松坂は球団を通じ、「プロ野球選手としてのスタートであり、育ててもらった所沢、そしてライオンズファンの皆さんの前で再び野球ができることをとても楽しみにしている」とコメントした。渡辺久信ゼネラルマネジャーは「経験のある投手は戦力として必要。グラウンドで結果を残してほしい」と期待を寄せた。

 松坂は1998年に横浜高のエースとして甲子園春夏連覇を達成し、99年にドラフト1位で西武入団。16勝を挙げた1年目から3年連続で最多勝に輝くなど数々のタイトルを獲得した。

 07年に大リーグのレッドソックスへ移籍し、メッツを含めて計8年間、メジャーでプレー。15年にソフトバンク入りして日本球界に復帰した。18年から所属した中日に来季の契約も打診されていたが、退団を選んだ。

 【時事通信社】

スポーツトピックス

スポンサーリンク

ランキング