台風対応で森田知事が給与減額へ

JNN/TBS

12月3日(火)15時01分

 9月の台風15号への対応をめぐって、批判が相次いでいる千葉県の森田知事が、自身の給与とボーナスを減額する考えを明らかにしました。

 森田知事をめぐっては、台風15号の上陸直後、災害対策本部をすぐに設置しなかったことや、県庁を離れ“私的視察”と称して自宅に戻っていたことなどに批判が相次いでいます。

 3日の県議会の代表質問で、森田知事は自民党の議員から「政治的・道議的に責任を果たすべきではないか」と問われ、自身の給与とボーナスを減額する考えを明らかにしました。
 「県民の期待や信頼を損ねるものであったと思っており、まさに痛恨の極みであり、深くおわびを申し上げます。給料を減額するとともに、それに応じた期末手当の減額を自らに課したい」(千葉県 森田健作知事)

 減額の幅や期間は、今後、検討するとしています。(03日13:28) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング