永久凍土から発見、1万8000年前の“子犬”公開

JNN/TBS

12月3日(火)17時31分

 ロシアの研究グループが2日、永久凍土から見つかった1万8000年前の子犬を公開しました。

 これは去年の夏、シベリア東部のヤクーツクで発見されたもので、子犬は、毛皮や歯、ひげなど全身がほぼ完全な状態で保存されていました。

 ロシアでは近年、気候変動によって永久凍土が急速に溶け出していて、マンモスや古代生物が発見されるケースが増えているということです。(03日14:49) JNN/TBS

国際トピックス

スポンサーリンク

ランキング