美馬「井口監督を胴上げしたい」=ロッテ入団会見、背番号15―プロ野球

時事通信社

12月3日(火)19時11分

楽天からフリーエージェント(FA)でロッテに移籍し、入団会見で握手をする美馬学投手(中央)と河合克美オーナー代行兼社長(左)、井口資仁監督=3日、千葉市内
クリックして拡大

楽天からフリーエージェント(FA)でロッテに移籍し、入団会見で握手をする美馬学投手(中央)と河合克美オーナー代行兼社長(左)、井口資仁監督=3日、千葉市内
 楽天からフリーエージェント(FA)宣言し、ロッテへの入団が決まった美馬学投手(33)が3日、千葉市内で入団会見に臨み、「日本一になって井口監督を胴上げできるように頑張りたい」と抱負を語った。出来高払いを含めて総額5億円の3年契約で、背番号は楽天時代と同じ15。

 宣言残留を認めていた楽天を含む4球団の争奪戦を制して獲得した右腕に、井口資仁監督は「若手の見本として引っ張っていってもらいたい」と期待を寄せた。

 美馬は茨城・藤代高から中大、東京ガスを経て、ドラフト2位で2011年に楽天へ入団。13年の日本シリーズで最高殊勲選手(MVP)に輝き、球団を初の日本一に導いた(金額は推定)。

 【時事通信社】

スポーツトピックス

スポンサーリンク

ランキング