北海道と東北、4日まで猛吹雪警戒=気象庁

時事通信社

12月3日(火)17時53分

 北海道と東北地方では3日、冬型の気圧配置が強まった影響で日本海側を中心に雪が降り、風が吹き荒れた。気象庁は4日にかけて猛吹雪や大雪、暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。交通の乱れにも注意が必要。

 4日にかけて予想される最大瞬間風速は35メートル、波の高さは6メートル。海上の大しけは5日まで続く見込み。

 4日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北海道50センチ、東北40センチ。その後、5日午後6時までの同降雪量は北海道20~40センチ、東北40~60センチ。

 【時事通信社】

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング