米制裁実施なら報復=仏経済相が反発―デジタル課税

時事通信社

12月3日(火)18時33分

 【パリ時事】フランスのルメール経済・財務相は3日、IT大手を対象にした仏独自の「デジタルサービス税」に反対する米政府が仏産品への制裁関税を検討すると発表したことについて「容認できない」と強く反発し、実施されれば報復する考えを示した。仏ラジオに語った。

 ルメール氏は「制裁を導入するなら欧州連合(EU)は強力な報復をする準備がある」と表明した。その上で「市場や政治的安定のためにもこうした争いは避けなければならない」と強調した。

 【時事通信社】

国際トピックス

スポンサーリンク

ランキング