3歳児死亡、同居の男逮捕=内臓損傷、傷害致死疑い―警視庁

時事通信社

12月3日(火)22時22分

警視庁深川署に入る渡辺雄二容疑者(中央)=3日夜、東京都江東区
クリックして拡大

警視庁深川署に入る渡辺雄二容疑者(中央)=3日夜、東京都江東区
 東京都江東区のマンションで9月、内縁関係の女性の長男(3)に暴行を加えて死亡させたとして、警視庁捜査1課は3日、傷害致死容疑で、東京都昭島市郷地町、IHI社員渡辺雄二容疑者(34)を逮捕した。「何もしていない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は9月28日ごろ、江東区豊洲の当時の自宅マンションで、同居していた女性の長男に暴行を加え死なせた疑い。

 同課によると、渡辺容疑者が同日午後1時25分ごろに119番し、長男は心肺停止の状態で病院に搬送され、翌29日に死亡した。当時、自宅には同容疑者と実の息子がおり、女性は外出中だったという。

 同容疑者は当初、「(女性の長男は)風呂場でうつぶせの状態で浮いていた」という趣旨の説明をしていた。長男に目立った外傷はなかったが、解剖したところ、死因は外部から強い力が加わったことに基づく内臓損傷による失血死と判明した。複数の専門家に確認してもらうなどした結果、同課は自ら転倒するなどしてできたものではなく、暴行によるものと判断した。

 これまで児童相談所には、死亡した長男や同容疑者の実の息子への虐待についての相談や通報は確認されていないという。同課は、日常的な虐待がなかったか調べを進める。

 警視庁深川署には3日午後8時すぎ、渡辺容疑者を乗せた車が到着。同容疑者は前方を見詰めていたが、報道陣のフラッシュがたかれると目を閉じ、うつむいた。

 【時事通信社】

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング