巨人の岡本、1億円突破=丸は現状維持でサイン―プロ野球・契約更改

時事通信社

12月3日(火)20時50分

契約更改後、記者会見する巨人の岡本=3日、東京・大手町の球団事務所
クリックして拡大

契約更改後、記者会見する巨人の岡本=3日、東京・大手町の球団事務所
 巨人の岡本和真内野手(23)は3日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、6000万円増の年俸1億4000万円で更改した。高卒5年目のシーズンを終えて1億円の大台突破となり、「日本一になれなくて悔しかったけど、(リーグ)優勝できたので充実したシーズンだった」と振り返った。

 今季は打率2割6分5厘、31本塁打、94打点。主に4番を務め、2年連続で30本塁打をマークした。「今年は1試合、スタメンじゃない試合があったので、(来季は)全試合スタメンが目標」と話した。

 5年契約を結ぶ丸佳浩外野手(30)は現状維持の年俸4億5000万円でサイン。広島からフリーエージェントで加わった移籍1年目は打率2割9分2厘、27本塁打、89打点。「新鮮な毎日だった。良い日、悪い日があったが、すごくいい経験ができた」と語った。(金額は推定)。

 【時事通信社】

スポーツトピックス

スポンサーリンク

ランキング