強盗傷害容疑で逮捕の男性を不起訴、東京地検

JNN/TBS

12月3日(火)22時45分

 新宿・歌舞伎町で男性の顔を殴って重傷を負わせてバッグを奪ったとして逮捕された男性について、東京地検は不起訴としました。

 この事件は今年4月、新宿区歌舞伎町を歩いていた面識のない30代の男性を「体がぶつかった」と脅して顔を殴って重傷を負わせ、バッグを奪ったとして、近くに住む無職の男性(30)が強盗傷害の疑いで警視庁に逮捕されたものです。

 東京地検は、この男性を2日付で不起訴処分としました。東京地検は処分の理由を明らかにしていません。

 男性は逮捕当時、警視庁の取り調べに、「覚えていません」と容疑を否認していました。(03日18:32) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング