マラソンコース、周回数で難航=組織委と世界陸連―東京五輪

時事通信社

12月3日(火)21時19分

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は3日、札幌で実施する東京五輪のマラソンコースについて、札幌市中心部を2周する案を希望する組織委と、コースをよりコンパクトにして6周することを求める世界陸連の間の協議が難航していることを明らかにした。

 武藤氏は東京都内で報道陣に「われわれは20キロを2周、向こうは7キロを6周ということで、こう着状態」と述べ、国際オリンピック委員会(IOC)理事会(スイス・ローザンヌ)で4日午前9時(日本時間同日午後5時)に予定されている組織委の報告直前まで協議を続ける意向を示した。

 【時事通信社】

スポーツトピックス

スポンサーリンク

ランキング