偽計業務妨害容疑で逮捕の明大生を不起訴、東京地検

JNN/TBS

12月3日(火)22時46分

 東京・歌舞伎町でライバル店に入ろうとした客にうそを言って自分の店に案内したとして逮捕された明治大学の学生について、東京地検は不起訴処分としました。

 明治大学4年で居酒屋のアルバイトの男性(22)は先月13日、新宿区歌舞伎町でライバル店に入ろうとした客に、「満席だ」「系列店で同じメニューが食べられる」などとうそを言って自分の店に案内し、ライバル店の業務を妨害した偽計業務妨害の疑いで警視庁に逮捕されました。

 東京地検は、この男性について11月21日付で不起訴処分としました。東京地検は不起訴の理由を明らかにしていません。

 逮捕当時、男性は警視庁の取り調べに対し、「店に指示されてやった」と容疑を認めていたということです。(03日18:32) JNN/TBS

社会トピックス

スポンサーリンク

ランキング