「竹鶴」3商品の販売終了=年代物ウイスキー消滅―ニッカ

時事通信社

1月12日(日)21時55分

ニッカウヰスキーが3月末で販売を終える国産ウイスキー「竹鶴」の(左から)「17年」、「21年」、「25年」(アサヒグループホールディングス提供)
クリックして拡大

ニッカウヰスキーが3月末で販売を終える国産ウイスキー「竹鶴」の(左から)「17年」、「21年」、「25年」(アサヒグループホールディングス提供)
 アサヒグループホールディングス傘下のニッカウヰスキー(東京)が、国産ウイスキー「竹鶴」のうち、熟成年数を示した「17年」「21年」「25年」の3商品の販売を3月末で終えることが12日、分かった。国産ウイスキー人気を背景に、原酒が不足しているためだ。

 ニッカは既に、「余市」などの年代物の販売を終了しており、同社の国産ウイスキーで年代を示した商品が店頭から姿を消すことになる。

 熟成年数を示さない「竹鶴ピュアモルト」はリニューアルし、販売を続ける。竹鶴は余市蒸留所(北海道余市町)や宮城峡蒸留所(仙台市)で造った原酒を使っている。

 【時事通信社】

経済トピックス

ランキング