英女王“2人の意向を理解し尊重”

JNN/TBS

1月14日(火)13時00分

イギリスのエリザベス女王は、王室の第一線から退きたいとのヘンリー王子夫妻の意向について「理解し尊重する」と述べ、大筋で承認する声明を出しました。

先週のヘンリー王子とメガン妃の発表を受け、エリザベス女王は13日、イギリス東部にある別荘で緊急の家族会議を開きました。ヘンリー王子のほか、チャールズ皇太子、ウィリアム王子も参加、現在カナダに滞在中のメガン妃も電話などで参加したとみられます。

会議後に発表した声明で、エリザベス女王は「2人が第一線の王室メンバーであり続けることを望んでいましたが、2人の意向を理解し尊重します」と述べ、ヘンリー王子夫妻が目指す方向を大筋で承認する考えを明らかにしました。また、「2人は新しい生活では公的資金に頼りたくない」と明らかにしていて、“移行期間”をもうけたうえで、期間中から2人の希望通り、イギリスとカナダの両国で生活することに合意したと述べました。

エリザベス女王は「複雑な問題であり、課題は残っている」としていて、夫妻が目指す「経済的自立」の在り方などについての詰めは、今後、行われるものとみられます。(14日10:47) JNN/TBS

ランキング