「一つの民族」発言、麻生氏が謝罪「誤解生じたなら訂正」

JNN/TBS

1月14日(火)11時55分

 麻生財務大臣は、日本が「一つの民族」などと発言したことについて、「誤解が生じたのなら、おわびして訂正する」と謝罪しました。

 麻生大臣は13日、地元の福岡県でラグビー日本代表について、「いろんな国の選手がいて、結果的にワンチームで日本がまとまった」と活躍に触れたうえで、次のように述べました。

 「(日本は)2000年の長きにわたって、一つの国で、一つの場所で、一つの言葉で、一つの民族、一つの天皇という王朝を126代の長きにわたって、一つの王朝が続いている国はここしかありませんから」(麻生太郎財務相)

 政府は去年5月にアイヌ民族を「先住民族」と明記した法律を施行していて、麻生大臣の発言は「政府方針と矛盾する」との指摘が出ていました。

 「誤解が生じているなら、おわびのうえ、訂正しますと申し上げたとおり」(麻生太郎財務相)

 麻生大臣は14日、自身の発言について謝罪し、「日本が長い期間、民族の大移動などがなく、まとまった形で継続してきたという趣旨で述べた」と釈明、発言を訂正すると述べました。(14日11:03) JNN/TBS

経済トピックス

ランキング