企業倒産、11年ぶり増=リーマン以来―19年

時事通信社

1月14日(火)17時10分

 東京商工リサーチが14日発表した2019年の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は前年比1.7%増の8383件だった。前年を上回るのはリーマン・ショックがあった08年以来11年ぶり。人手不足に加え、消費税増税に伴う個人消費の低迷を受けて中小零細企業の倒産が増加した。

 同社は、9月以降、4カ月連続で前年を上回った点に触れ、「潮目が変わりつつある」と指摘。さらに、消費税増税に合わせたポイント還元が20年6月で終了することなどから、「中小零細企業で今後も増える可能性が高い」とみている。

 【時事通信社】

経済トピックス

ランキング