2019年の倒産、8383件 11年ぶりに前年上回る

JNN/TBS

1月14日(火)19時41分

 去年1年間に倒産した企業の数が、リーマンショックの2008年以来、11年ぶりに前の年を上回りました。

 東京商工リサーチの調査によりますと、2019年の全国の企業倒産の件数は前の年より1.79%多い、8383件となりました。件数が前年を上回るのは、リーマンショックの起きた2008年以来、11年ぶりです。

 消費税増税や人手不足、多発した自然災害が影響したとみられます。件数が増加したのは小規模な倒産が多かったためですが、負債総額を見ると、前の年より4%ほど減り、およそ1兆4232億円でした。

 産業別で倒産件数が増えたのは10産業のうち7産業で、消費増税や人手不足を背景に、「小売」や「運輸」で倒産が増加しています。(14日16:44) JNN/TBS

経済トピックス

ランキング