ゴーン被告「卑しい」=フランス労組幹部、退職手当要求を非難

時事通信社

1月15日(水)6時45分

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告=8日、ベイルート(AFP時事)
クリックして拡大

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告=8日、ベイルート(AFP時事)
 【パリ時事】フランス最大の労働組合、労働総同盟(CGT)のマルチネス書記長は14日、仏テレビに出演し、仏自動車大手ルノーに対して退職手当を要求している日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告を「卑しい」と非難した。

 マルチネス氏は「ゴーン被告はルノーで数万人を解雇した。雇用と業界をめちゃくちゃにしておきながら、ルノーをクビになった従業員のように労働裁判所へ行こうとしている」と指摘。「彼は人を見下す金持ちだ」と糾弾した。

 ゴーン被告は、ルノーでの会長職を辞任した際の退職手当約25万ユーロ(約3000万円)の支払いを求め、昨年12月に労働裁に申し立てを行ったと明らかにしている。ルノーは時事通信の取材に対し、今後の対応について「今はコメントしない」と述べた。

 【時事通信社】

国際トピックス

ランキング