米ボーイング、8年ぶり首位陥落=納入機数半減、墜落事故響く

時事通信社

1月15日(水)10時16分

 【シカゴ時事】米航空機大手ボーイングは14日、2019年の商用機の納入が前年比53%減の380機にとどまったと発表した。この結果、11年以来8年ぶりに欧州大手エアバス(863機)に世界首位の座を明け渡した。新型旅客機「737MAX」の墜落事故が相次ぎ、同型機が世界中で運航停止となっていることが響いた。

 MAX機は商用機受注の約7割を占めていたが、昨年3月に2度目の墜落事故がエチオピアで起きたことを受け、出荷が停止された。19年のMAX機の納入は前年比78%減の57機、受注は93%減の45機にとどまった。

 【時事通信社】

国際トピックス

ランキング