産廃撤去の命令に従わなかったとして会社経営の男逮捕

JNN/TBS

1月17日(金)7時18分

千葉県木更津市の山の中に捨てた産業廃棄物を県が撤去するよう命じたにもかかわらず従わなかったとして、埼玉県熊谷市の会社経営の男が逮捕されました。

廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されたのは、埼玉県熊谷市の会社経営・玉川光一容疑者(32)です。玉川容疑者は、木更津市真里谷の山の中に捨てた廃プラスチックやコンクリートのくずなど産業廃棄物、およそ3700立方メートルについて、県からの撤去命令に従わなかった疑いがもたれています。

警察によりますと、玉川容疑者は2014年12月ごろから、千葉県から撤去するよう指導されていましたが、従わず、去年9月に県が刑事告発をしていました。調べに対して、玉川容疑者は「撤去などの命令を受けていたが、このような処分を受ける立場にはない」と容疑を否認しています。(16日18:55) JNN/TBS

ランキング