“1億円所持”男性死亡、男ら強盗致死罪で起訴

JNN/TBS

1月17日(金)1時33分

 東京・青梅市で「1億円を持っている」と周囲に話していた男性が男らに襲われ、死亡した事件で、東京地検立川支部は、逮捕された男2人を強盗致死の罪に切り替えて起訴しました。

 強盗致死など罪で起訴されたのは、韓一仁(ハン・イルイン)被告(31)と野村俊希被告(25)で、起訴状などによりますと、先月14日午前2時ごろ、青梅市の小川和男さん(当時67)の自宅に金などを奪う目的で侵入し、2人に気付いた小川さんの頭を鈍器で殴って死亡させたとしています。

 警視庁は2人を強盗殺人の疑いで逮捕していましたが、東京地検立川支部は「殺意がなかったと判断した」ということです。(16日18:55) JNN/TBS

社会トピックス

ランキング