熊谷未解決ひき逃げ事故、母親がラジオで呼びかけ

JNN/TBS

1月17日(金)2時16分

 2009年に埼玉県熊谷市で小学4年の男の子が死亡した未解決のひき逃げ事件について、男の子の母親が地元のラジオ局に出演して情報提供を呼びかけました。

 この事件は2009年9月、熊谷市で当時、小学4年生の小関孝徳くんが車にひき逃げされ、死亡したもので、事件は未解決のままです。警察は去年9月、容疑をそれまでの自動車運転過失致死罪から、より時効の長い危険運転致死罪に切り替えて捜査を継続しています。

 16日夕方、孝徳くんの母親の代里子さんが地元ラジオ局「FMクマガヤ」の番組に出演し、事件解決につながる情報提供を呼びかけました。

 「去年の9月30日をもって、情報提供がすごく減少してきていまして。犯人を逮捕するということは、情報提供があっての逮捕だと思っているので」

 また、番組の最後で「今からでも遅くないので自首してください」と犯人に呼びかけました。(16日22:02) JNN/TBS

社会トピックス

ランキング