野党合流協議、結論20日に出すよう要請

JNN/TBS

1月17日(金)4時45分

 立憲民主党の福山幹事長は、国民民主党の平野幹事長と会談し、両党が合流するかしないかの結論を、20日に出すよう要請しました。

 国民民主党は15日、党内で立憲民主党との合流について議論しました。しかし、結論は出ず20日に持ち越され、玉木代表は「期限を区切らず交渉したい」との考えを示しています。

 国民民主党の平野幹事長は16日、こうした結果を報告するため立憲民主党の福山幹事長と会談しました。

 「いつまでもいたずらに時間をかけることが、合併という結論を得るうえでいいとは思えないので」(立憲民主党 福山哲郎 幹事長)

 福山幹事長は会談後、このように述べたうえで、20日の国民民主党内の議論で結論を出すよう要請しました。早期の合流を目指していた立憲民主党内では、合流への慎重姿勢を示す玉木代表への不満が高まっています。(16日21:41) JNN/TBS

政治トピックス

ランキング