湖北省と武漢市のトップ交代 事実上の更迭か

JNN/TBS

2月14日(金)4時42分

新型コロナウイルスの感染が最も深刻な中国・湖北省で、トップが相次いで交代です。事実上の更迭とみられます。

国営の新華社通信によりますと、中国共産党は、湖北省のトップである党委員会書記のショウ超良氏が交代し、後任に上海市長の応勇氏が就任すると発表しました。また、湖北省武漢市のトップ、馬国強書記も交代するということです。

馬氏は先月末、国営メディアのインタビューで「もう少し早く厳格な措置をとれば、結果は今よりよかった」と話し、初動対応の遅れを認めていました。

いずれも、新型コロナウイルスによる肺炎をめぐる一連の対応の責任を問われた事実上の更迭とみられます。(13日16:01) JNN/TBS

ランキング