都内のタクシー運転手の男性、新型コロナウイルス感染確認

JNN/TBS

2月13日(木)22時50分

東京都は、都内に住む70代のタクシー運転手の男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。これで、東京都の感染確認は4例目となります。

あらたに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、都内に住むタクシー運転手の70代の男性です。男性は先月29日に発熱が確認され、今月6日から入院していましたが、13日に新型コロナウイルスについて陽性反応が確認されました。

男性は東京23区を中心にタクシーに乗務していましたが、潜伏期間とされる発熱前の14日間に羽田空港には行っておらず、乗客に中国人や外国人はいなかったということです。発熱後は乗務しておらず、現在、都は、濃厚接触者として一緒に暮らす男性の妻の健康観察を行っています。

東京都などは、男性に話しを聞くなどして感染経路を調べています。(13日22:40) JNN/TBS

ランキング