米議会上院、対イラン戦争を制限する決議案を可決

JNN/TBS

2月14日(金)10時57分

アメリカ議会上院は13日、トランプ政権によるイランに対する戦争行為を制限する決議案を、超党派の賛成多数で可決しました。

「賛成55、反対45、決議案は可決されました」

決議案は、戦争行為の開始には事前に議会の承認を得る必要があるなどと規定し、トランプ政権の行為を制限するもので、提案した野党・民主党に加え、与党・共和党からも8人が賛成にまわり、可決されました。

決議案は民主党が多数を占める下院に送られ審議される見通しですが、下院で可決されてもトランプ大統領が拒否権を行使した場合、それを覆すには上下両院での3分の2の賛成が必要となり、成立のメドは立っていません。(14日07:36) JNN/TBS

ランキング