加藤厚労相「院内感染に十分対応していく」

JNN/TBS

2月14日(金)12時01分

加藤厚生労働大臣は14日の閣議後の会見で、和歌山県の有田病院での院内感染を防ぐため、国立感染症研究所の専門家を派遣する準備を進めていると明らかにしました。

「和歌山県の医師の事例を踏まえて、院内感染には、十分に対応していく必要があると考えています。そのため、私どもとしましては、専門家を派遣する準備を進めておりまして、和歌山県と連携しながら感染拡大防止に万全を期していきたい」(加藤勝信厚労相)

13日に感染が確認された50代の医師の男性は一定の期間、勤務する病院で診察にあたっていたことが分かっていて、入院患者への感染拡大をいかに防ぐかという観点から現在、人選を進めているということです。(14日11:22) JNN/TBS

ランキング