公園の施設に落書き、自称芸術家逮捕 東京・池袋

JNN/TBS

2月14日(金)12時49分

東京オリンピック・パラリンピックのパブリックビューイングが予定されている東京・池袋駅前の施設がスプレーで落書きされた事件で、自称・芸術家の男が警視庁に逮捕されました。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは茨城県水戸市の自称・芸術家、猪野聖也容疑者(22)で、去年12月、池袋西口公園内にある野外劇場「グローバルリング」で、施設の柱や床など9か所に赤や青、黒のスプレーで落書きした疑いが持たれています。

警視庁によりますと、猪野容疑者は自身のインスタグラムに今回の落書きのほか、渋谷など別の場所での落書きの画像を投稿していました。

取り調べに対して容疑を認め、「自分のアートをみんなに知ってもらいたかった」と供述しているということです。(14日10:52) JNN/TBS

ランキング