米当局、新型コロナ“長期的に存在するウイルスに”

JNN/TBS

2月14日(金)18時04分

新型コロナウイルスについて、アメリカのCDC=疾病対策センターは、「一時的なものではなく、長期的に存在するウイルスとなるのではないか」との見方を示しました。

アメリカCDCのトップ・レッドフィールド氏はCNNのインタビューに対し、新型コロナウイルスについて更なる調査が必要だとした上で、「恐らく、この季節だけ、あるいはこの1年だけというような一時的なものではなく、長期的に存在するウイルスになるのではないか」との見方を示しました。「季節ごとに流行するインフルエンザのようなものと捉えられるかもしれない」とも付け加えています。

また、レッドフィールド氏は、「症状の出ていない感染者が他の人に移す『無症状感染』が起きている可能性がある」と指摘しています。

CDCは、感染拡大が伝えられた先月上旬に、中国政府に支援チームの派遣を申し出たものの、それへの回答は未だに来ていないということです。(14日13:55) JNN/TBS

ランキング